戸建派とマンション派の意見

家を買いたい。

そこで、問題なのが、戸建を買うか?マンションを買うか?という問題です。

最初から、「やっぱり、戸建でしょう、マンションでしょう。」と決まっている方は、OK。ご希望の物件を探しましょう。となるわけですが、悩んでいますという方には、こんな話をしています。

戸建の良さをいう人の意見。

戸建は、車庫が付いている。という点。もちろん、車庫つきの戸建である前提ですが。この車庫というのは非常に使い勝手がよい。車を所有している人にとっては大きなコストであります。そのコストを削減できるので、ここは戸建に軍配。マンションでは、駐車場権利付きの物件をのぞいて必ず車のコストがかかってきます。

そして、戸建の良い点は、管理修繕積立金がかかってこないこと。住宅ローンが終了しても払い続けないといけない管理費修繕積立金には如何なものか?という意見もある。これに対しては、戸建でも修繕は必要ですと考えるべきで、逆にマンションだと修繕積立金で屋上の防水をしたりといろいろ定期的にメンテナンスできるが、戸建は自分で決めて積み立てをしないといきなり漏水が起きたりする。そんな時に困る。ここは、イーブン。

広さの問題もあります。

戸建はやっぱり広い。マンションはやっぱり狭い。これはあります。同じ金額で暮らす費用を考えるわけですが、マンションは都心の便利な所にありまして、戸建は少し郊外と考えるべきです。となると、同じ値段で買える広さが違います。マンションであればやはり、金額的に高くなってしまいます。

資産価値の問題。

戸建とマンションでは資産価値的にはどうなのでしょうか? 私は、資産価値としてはマンションが有利だと思います。もちろん駅近という前提ではありますが、駅近マンションの場合、20年以上経つとほとんど値段が下がりません。あわよくば景気がよくなると値段が上がったりします。また、使用期間が終了してからも貸すという選択肢が残ります。もちろん戸建でも貸すという選択肢はあります。ただ、郊外に購入してしまった場合は貸すという選択肢はほとんどありません。売るという選択肢がベストだと思います。ニーズの話をすると、売却する場合、「購入ニーズ」と「投資ニーズ」の両方を考えられるのがマンションで、「購入ニーズ」しか考えられないのが戸建です。

避けなければならないのが、駅が遠かったりする郊外のマンション。資産価値的な部分で低くなります。もちろん、その分購入費用も安いのですが。潰しが効かない場合が多いのです。

安くは買ったけど、貸すに貸せない。売るには叩かれる。という状態がもっとも問題な状態となります。

しかし、賃貸よりも100倍マシです。いくら低い金額でも、住んだ利益を得た上でさらに売却・賃収の利益も生み出せるのですから。

賃貸なら、完全にアウトです。掛け捨て保険と同じく、戻ってくることはありません。

現在は、低金利です。今後、アベノミクスの影響で好景気になったとします。すると金利が上昇することも考えられます。大阪の都心のマンションは上がり続けています。

今年が低金利で購入できる最後の年かもしれません。

お見逃しなく。

投稿者: denja

不動産業界足掛け10年。売買中心にやってきました。最近は民泊(Not Ninja)、シェアハウス、不動産投資にも挑戦中。様々な不動産にまつわる情報を発信していきたいと思います。デンジャー(DENJA)は、対外国人向け民泊用ネーム。株式会社KUFU(クーフー)代表

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください